小児歯科


当院には毎日、小さなお子さんがいらっしゃいます。歯医者さんが初めてのお子さんもいれば、そうでないお子さんもいらっしゃいます。
歯医者さんを嫌がるお子さんには、歯医者さんが初めてで、何をされるかわからないので嫌なお子さん、以前かかっていた歯科でこわい思いをしたお子さんが多いようです。
そういったお子さんには、簡単な処置から慣れていってもらい、ステップアップしていきます。

子どものむし歯


子どもの歯は、生え変わるからといって、むし歯を放っておいてよいというものではありません。
なぜなら、

  • 見た目が悪い
  • 咬めなくなる
  • 大人の歯までむし歯になり易くなる

といった理由だけでなく

  • 大人の歯の歯並びが悪くなる

という理由もあります。
むし歯で早くに子どもの歯が抜けてしまうと、奥の歯が手前に倒れてきて、大人の歯の出てくるスペースがなくなってしまうことがあります。

シーラント


奥歯の咬むところには、表面にミゾがあります。
特に萌えてきたばかりの奥歯では、このミゾが深いため汚れがたまり、むし歯になりやすくなっています。
シーラントは、このミゾをあらかじめ樹脂でうめてむし歯になりにくくするための処置です。

フッ素塗布


歯の1番外側にある『エナメル質』にフッ化物をとりこませることで、歯を丈夫にし、むし歯になりにくくします。

治療を円滑に進めるためのお願い


歯科に対して悪いイメージではなく、良いイメージを持たせてあげてください。

ほめてあげて

歯医者さんに通って、最初は上手に治療できないお子さんもいます。
いつも上手にできているお子さんでも、機嫌が悪ければ上手にできない日もあります。
どんな日でも叱るだけではなく、できれば誉めることもしてあげてください。
小さなことでも誉められれば、次回の治療で頑張れるようになっていきます。

歯医者さんを脅し文句にしないで

『おかたづけしなかったから、歯医者さんで注射してもらうよ!』と叱ると、『歯医者=罰』となってしまいます。